Open Broadcaster Software(OBS)を使ってDVJをライブ配信する

自身のDJのPRの方法としてはDJMixを録ってMixcloudのようなサービスにアップロードするとかMixlrを使ってライブ配信するとか色々な方法があるのですが、ことVJとなると上述のようなPRできそうな方法やプラットフォームが無いんですよね。
ほとんどのVJの方が現場に足を運んでオーガナイザーやDJと仲良くなってコネを作ってオファーしてもらうという感じだろうだと勝手に思っています。(まぁ、それはDJも同じだと思いますが・・・)
そういう時にDJなら「MixcloudにMixあるので聴いてください!」と言えるのに、VJは「私VJできるんですよ!」としか言えないのはVJする側としても訴求点に欠けてツラいですし、オファー出す側も判断材料に欠けて困るわけです。

VJのPRのためにVJソフトの出力を録画してyoutubeにアップロードするとかは考えたのですが、VJのライブパフォーマンスは長時間にわたるので、キャプチャのファイルサイズが大変なことになるのは目に見えてますし、そもそもyoutubeがVJのPRに適したプラットフォームかというとなかなか難しいところではあります。(youtubeは完成された動画の配信プラットフォームでライブパフォーマンスの配信に適しているかというと微妙という意)

そこでライブパフォーマンスのPRがしたいならライブ配信プラットフォームを使ってしまえばいいのではと思い、実際にDVJ配信をやってみた結果を展開するのがこの記事の主旨になります。

結論だけさきにリンクを張っておくと、こんな感じのことが出来るようになります。
https://www.periscope.tv/touka_tt/1OwxWMYNmVDGQ?t=15s

“Open Broadcaster Software(OBS)を使ってDVJをライブ配信する” の続きを読む

DJ機材とVJソフト間でBPMを自動同期する

この記事は高専DJ Advent Calendarの12/10の記事です、クリスマスはとっくに過ぎてますがやっていきましょう。

こと皆様におかれましては常日頃からクラブでVJをされてることと思いますが、DJが流す音楽に合わせて映像を出すにあたって、音楽のBPMとVJソフトのBPMを同期するというのは何かと面倒だったり難しかったりします。

なんだかんだで一番基本になるのは手動Tap。これはVJがDJの流す音楽を聴きながらTapボタンを手でポチポチ押すというもの。

メリットは何よりシンプルでトラブルに強いことなんですが、デメリットとしてとにかく疲れるのと、そこまで正確な値が取れないので次第に音と映像がズレていくところがあると思います。というかVJは映像を選ぶのとエフェクトかけるので手一杯なのですよ。できればやりたくない。

次にマイクを使って音声をとりこんでBPM解析する方法があります。

メリットはこれまた構成がシンプルであること、手動Tapと比較して手が疲れないことが上げられますが、デメリットとしてノイズにやたら弱く、ソフト次第だけど解析精度がいまいちな場合が多いというのがあります。(僕現場でマイクがうまく機能した例しがないんですよね……)

ということで手動Tapにしてもマイクにしても正確なBPM同期が出来ないという問題抱えてまして、これを何とかしようと言うのがこの記事の主題になります。前振りが長くて申し訳ない。

“DJ機材とVJソフト間でBPMを自動同期する” の続きを読む

UN!TEというHARDCOREのイベントを始めます

先日情報を公開しました。

https://un1te.club

UN!TE(ユナイトと呼びます)です。
Hardcoreってもうもの凄い多様性の音楽で、UK HardcoreやMainstream Hardcore、Breakcore、Crossbreedとかとか沢山派生ジャンルがあるわけですね。
んで、それがまた全然違う音楽なんですが、全部が全部違った魅力に溢れていて楽しいわけですよ!!!

おそらく、今のHardcoreシーンはHARDCORE TANO*Cといったレーベルの精力的な活動のおかげもあって、UK Hardcore(日本ではJ-Coreなんて呼ばれたりもしますが)を聴いている層が一番多いのかなという感覚があるのですが、そういったUK Hardcoreを聴いている人たちにHardcoreはもっと楽しいんだよ!とアピールしたいというのがこのイベントの趣旨だったりします。
もちろん、BreakcoreやHardstyleしか聴かないぜって人たちもまた然りで、色んなHardcoreに触れてもっと魅力に気付いて貰えれば幸いです!

それでは2017/09/09 nagomix渋谷にてUN!TEクルー一同お待ちしております。

無題


初心を忘れないようにピンしておく