瑞兆でサクサクのカツ丼を味わってきた

今日は代休で会社をお休みしていたのですが、せっかくの平日の休みだし普段行けないところにランチをしに行こうということでカツ丼を食べてきました。

DSC_2249

今回お邪魔したのは渋谷の瑞兆(ずいちょう)さんになります。

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町41−26

こぢんまりとしたお店でカウンター席が8つあるだけです。女将さんと若いにーちゃんの二人で切り盛りされてます。

DSC_2238

メニューはカツ丼とビールのみ。良いですねー、この潔さ。
亀戸餃子のメニューは餃子と酒のみという感じに通じるところがありますね。

メニューはカツ丼だけなのでお店に入るなり、ご飯の量をどうするかしか聞かれません。とりあえず普通で注文。

DSC_2242

普通カツ丼は豚カツが卵でとじられているものだが、ここのカツ丼は閉じられていない。
半熟の卵の上に揚げたてのカツが載っていて、その上に甘いたれがかかっている。

卵で閉じていないため、一口頬張る度に衣のさっくりとした食感がたまらない。
女将さんがミートハンマーで豚ロースをトントン叩く音を聞きながら、ただただ無言で食べ続けてしまいました。

渋谷というとイケイケの若者の街という感じで、あまり近寄りがたいところがあるのですが、こういうお店もあると思うとちょっとだけほっとしますね。


コメントを残す