深川釜匠の深川丼

5/5はひこ君といっしょに、ゲームマーケットで遊んでいたのですが、その後一緒にいろんなお店で昼間っから飲み歩いておりました。

その中で〆に春はあさりが旬だから深川飯を食べに行こうと寄った、清澄白河の深川釜匠さんが滅茶苦茶美味しかった。

IMG_1356

深川釜匠さんは清澄白河の駅からほど近いところにあります。清澄白河といえば最近はブルーボトルコーヒーが有名ですね。既に結構飲んでいたので「もう酔ってるし意識低い店じゃないと無理だよなー」とか会話してたらあっという間に着いてしまった。

下町の商店街の中に佇むこじんまりとしたお店です。暖簾をくぐるなり祖父祖母の家を訪れたときのような懐かしい感じを受けます。とりあえず冷酒で乾杯。

IMG_1359

最初は深川飯を頼もうと思ってきていたのですが、メニューを見るなり深川丼に変更。昆布の佃煮を頂いている間に運ばれて参りました。

IMG_1366

深川丼はアサリが大量にはいったお茶漬けのような料理なのですが、まず一口お出汁をすすって衝撃。貝の旨味がお出汁に溶け込んでいるのですよ。それもとんでもなく濃厚に!食べた瞬間数分前の「意識低い」発言を訂正して穴があったら入りたい気分になってしまった。

そして、アサリの量がまたとてもすごく、「これでもか!」というぐらい入ってます。ご飯を一口頬張る度に美味しくて笑いが止まらず、お出汁をすすれば肝臓が喜ぶ一杯でした。


コメントを残す