コミックの電子化について僕のやり方をまとめてみた

ブームは軽くすぎたと思いますが、いわゆる自炊というやつです。

引っ越しをするにあたって、まんがを処分してしまおうとおもいまして、僕のまんがの自炊方法について簡単にまとめておきます。 要は自分用の備忘録です。

使用機材

使ったものは以下の通り。

  • 裁断機:PLUS PK-513L
  • スキャナ:富士通 ScanSnap S1500
  • pdf編集:Adobe Acrobat X Pro

Scansnap S1500はWindows用ですがMac用ドライバが配布されてるのでMacでも使用できます。

裁断する

今回はTOBI先生の眼鏡なカノジョを例としてやってみます。著作権の問題があるので、表紙、中表紙以外はできる限りぼかしをいれています。

IMG_0775

今回はコミック一冊を3分割します。カバーをとって適当なところで、本を一気に開きます。

IMG_0777

ここの谷間にカッターナイフをいれます。案外楽に切ることができます。

IMG_0778

3分割できました。

次に、分割した書籍を裁断機にかけます。本の綴じから5mm程度のところをガツンといきます。

IMG_0781

ここで裁断する際、本に体重をかけてしっかり押さえ込まないと裁断面が斜めになってしまいます。裁断面が斜めになるとページサイズが不揃いで不格好になります。

IMG_0782

ばらばらになりました。

スキャンする

スキャナの設定

スキャナの設定についてはネットの各所で述べられてますので、簡単に。まんがはカラーのページ、モノクロのページがありますが、僕は読み込みの際ページで設定を切り替えるのが面倒くさいので全部カラーで読み込みます。 設定はこんな感じ。

  • 保存ファイル名:img[4桁連番].jpg
  • 画質:スーパーファイン(300dpi)
  • カラーモード:カラー
  • 読み取り面:両面読み取り
  • 継続読み取り:有効
  • 読み取り濃度:標準
  • 文字をくっきりする:無効
  • 白紙ページの自動削除:無効
  • 文字列の傾き補正:無効
  • 原稿の傾き補正:無効
  • ファイル形式:jpg
  • 原稿サイズの選択:サイズ自動検出
  • マルチフィード検出:重なりで検出(超音波)
  • 圧縮率:3

Scansnapのマルチフィード検出ほんと優秀です。

表紙の読み取り

まず、表紙はそのまま読み込むとノイズが入ることが多いので、表紙の折り目をまっすぐにします。

IMG_0784

そんでscansnapに流し込む。スキャンボタンを長押しすると定形外で読み込めます。

IMG_0785

本文の読み取り

表紙と同様にScansnapに流し込んでいきます。流し込む前に裁断面を軽くチェックして糊が残っていないかみる。特にモノクロページとカラーページの継ぎ目や、中表紙と1ページ、中背表紙と最終ページあたりは特に要注意です。残ってたら手ではがせばOK。ScanSnapは多く流し込まず20~30枚ぐらいずつ分けて入れるといい感じです。欲張ると大概ページがぐしゃって死にます。

IMG_0788

pdf化する

画像処理する

スキャンが終わったらとりあえず画像を処理して見やすくするので、いったんスキャンの生データをどこかにコピーしてとっておきます。 今回スキャンはカラーで行ったので、こんな感じで紙の地色がでてしまってますし、ところどころ裏移りがあります。これを画像処理で飛ばします。

スクリーンショット 2013-03-04 1.54.12

画像処理は情報系のみんな大好きImageMagickで一気にやってしまいます。ImageMagickのインストールは各所で解説されてますので、調べてください。 ではまず、一括処理する前に最適な処理を調べる。

紙焼け、裏移りを除去する場合だいたいコマンドはこんな感じになる。弄るのは明度(上記の110)とコントラストをかける回数だと思います。 convertコマンドでひとまず一つの画像に処理を適用してみる。それで出力に満足がいけばconvertをmogrifyに変えてディレクトリの画像全てに処理を適用する。

僕はだいたいこんな感じで処理してる。ぼかしてるからわかりづらいけど、紙の地色が消え白くなってるのは分かると思う。 スクリーンショット 2013-03-04 2.02.12

ただ、表紙やカラーページまで色が飛んでしまっているので、あらかじめコピーしておいたスキャンの生データからカラーページだけコピペして元に戻しておく。

jpgをpdfにまとめる

MacのAutomatorでアプリケーションを作ってしまいます。

スクリーンショット 2013-03-04 2.14.43

あとは作ったアプリケーションにディレクトリごと放り込む。もし表紙がディレクトリのなかにあるなら、ページサイズがおかしくなってしまうのではずしておいて。中表紙から中背表紙までをアプリに放り感じ。

表紙を追加する

作成されたpdfをAcrobatで開いて表紙を1ページ目に追加。 表紙だけをトリミングして完成。

スクリーンショット 2013-03-04 2.52.57

ぶっちゃけ一冊あたり10分ぐらいかかります。めちゃくちゃ重労働です。 電子化する前に「はたして本当に電子化する必要があるのか?」「電子化してはたして読むのか?」を今一度検討することをオススメします。 はっきりいってコミックの自炊は面倒ごとが多すぎて僕はオススメできません。

あ、あと自炊についてははげあたま先生がkindleストアで『自炊ノ全テ』という本を出版されています。99円です。読もう。


コメントを残す